価格

自社工場をもつことでお客さまへ提供する
2つのコストメリット

流通経路の簡略化

材木を原木から直接仕入れ、自社工場や提携工場で製材・加工し、販売に至るまですべて一貫して行っています。商社や問屋を通さず、これまでの常識だった複雑な流通を大きく省くことで、他社には真似のできないコストパフォーマンスを実現しました。また、すべて自社で生産することで、国産材では難しいといわれる安定供給を実現しています。

製販一貫体制により、複雑な流通経路を簡略化し、コストダウンを実現製販一貫体制により、複雑な流通経路を簡略化し、コストダウンを実現

工業化による生産性の向上

これまで原木というのは、季節により価格が変動する相場品であるため、合理的な価格が付けにくい商材でした。
ウッドフレンズでは、年間の生産計画に基づき、相場が下がっている時期に大量買い付けすることで、一般的に高価な素材であるひのき材を、安価に供給することを可能にしています。

また、在来木造住宅を扱う多くの工務店では、大工の技術を必要とする構法を採用しています。住宅着工棟数に対してその分、大工の人件費がかさみますがウッドフレンズグループでは、自社工場を活用してプレカットや、オリジナルパネルの生産・組立を実施し、建築現場での作業を簡略化することで、高品質な住宅を安価で量産できる工業化木造住宅を生産しています。